この時期になると高瀑の氷瀑を見に行きたいが、私の車では絶対に行かないと宣言している。いつもyamtoさんが車を出してくれるので、その好意に甘える。そして他の滝好きメンバーや一度冬の高瀑に行きたいので連れてってと言われた人などに案内メールを出して、当初は10人近くの大所帯で高瀑に行く予定だったが、決行日が近づくにつれて体調不良や仕事の都合などで行けないとのキャンセルが相次ぎ、結局最終的にはコアなメンバー5人で行くことになった。

今年は山に雪が多く、ネットで仕入れた高瀑情報では集合場所の諏訪神社駐車場にも雪が有るように書かれていた。私の車では諏訪神社まで入れないかもとメールのやりとりをしていたら山行会の会長さんが川内から乗せてくれることになった。ついでになかちゃんもと言うことで川内から3人乗り合わせて諏訪神社に向かう。

河口まで何の問題も無く走り、入口のワンコチェック。小屋の中で休んでいる。その後も順調に走って諏訪神社駐車場に到着した。きれいに除雪されていて路肩に少し雪は有ったが車の走行には支障はない。

駐車場に到着すると既にyamtoさん、紅会さんは待ち構えている。yamtoさんの車に荷物を載せかえて出発。


デジカメ時計=7時50分
私はのんびりと目の前の民家の庭に咲くロウバイを写す

準備が出来たら出発。やがて御来迎橋の袂に軽四が停まっているのが見えた。なんでここに停めているの?と思いながら御来迎橋を渡る。するとその向こうで雪が深くなっていたのかyamtoさんの車でも通過できない。前進、後退を2回ぐらい繰り返してやっと通過する。これではさっきの軽四は無理だったろうな。

雪道を慎重に走っていると路肩の広い場所が有り、もうこれ以上奥には行けないかもということでそこに停める。紅会さんはもう少し走ってみますと言って出発したが、すぐにバックで戻ってきて車から降りるなり「無理、無理。この先で轍が無い」と言う。

ここに2台仲良く停める。後から完全オフロード車が来たとしても余裕をもって横を通過できる幅が有る。ここは帰りの解散時に分かったことだけど、諏訪神社から約4kmの地点。


デジカメ時計=8時22分
ここから先は轍は無い。紅会さんはここまで来てまた戻ったわけだ。
向こうに橋が見えている。この橋を渡って右岸から左岸に移動する。
今日は高瀑に向かうのは我々5人だけかと思っていたが、新鮮な足跡がある。先に見た軽四の人かな?
斜面から崩落した雪のかたまりが林道をふさいでいる。こんなところが何か所も有る。これでは車で通過するのは無理だろう。スコップで除雪していたのでは時間がかかる。
PCで写真をチェックしていて、んんん?これは何を写したんだっけ?と自分で写していながら何を写したのか忘れていた。これは大成集落への進入道路だ。

直進が高瀑方面。左に降りて行けば大成地区。無人の集落なのでそこに至るトレースは無い。


デジカメ時計=9時17分
たまには青空も写そう。青空と氷瀑が楽しみだ。
水が流れている部分には雪は無い。林道歩きと言うことでまだアイゼンは付けてないので雪の無い部分を歩いて行く。
単独男性に追いついた。話を聞くと高瀑をあきらめて引き返していると言う。「滝まで行くの?」と聞かれたので「行きます」と力強く返事する。
先行の単独男性が居なくなったことでトレースが無くなった。単独男性を追い越してからも私が先頭を歩いていたがラッセルに疲れてしまった。紅会さんが「私が先に行きましょう」と言ってくれたが、なんでもっと早く言ってくれなかったん(-_-;)
ここも林道が崩落した雪で塞がれている。この雪のかたまりの表面がガチガチに凍結していたらアイゼンが無いと谷間に滑落の可能性も有るようなところだが、幸いにも足で踏めば靴が雪にめり込む程度の固さだったので特に危険を感じることも無く通過する。
退屈な林道歩きの暇つぶしネタ。ロールケーキがいくつも転がっている。
やっとトンネルが見えてきた


デジカメ時計=10時34分

歩き始めて2時間以上経過
終点の高瀑休憩舎に到着


デジカメ時計=12時37分

トンネルから2時間。

ここで弁当を食べてから携帯を見ると1時前。12時までにはここに到着出来ると思っていたのに大きな誤算だ。これからどうするかとみんなの意見を聞くと今日はもう高瀑はあきらめて帰ろうと言う。実は私はもうちょっと先まで足を運んでみたいと思っていたのだが、この場で一番発言権の強い運転手が帰ると言う。ハイ、帰ります。途中で出会った引き返すと言っていた単独男性も結局ここまでやって来たがやっぱりここから引き返すようだ。

30分ほどこの付近の景色を写してから帰りましょうと言うことでザックから60Dを取り出す。川沿いに降りたら凍結していたら危ないと思い、簡易アイゼンを着けて川に降りる。

魚のうろこのような氷のつぶつぶ
滝も無いし川の流れでも写しましょう
氷で出来た天蓋の内側を水が流れ落ちる
足元の氷
この氷の天蓋とその下を流れる水の組み合わせが面白いと思って同じような写真を何枚も撮る
ちょっとだけスローシャッターで
きれいな透明のツララ
この寒いのに鳥が遊んでいる
鳥ミング
水面の煌めきはもう春の光だ
雪に覆われた広場。会長さんが雪の深さを確かめるためにピッケルを差し込んだらすっぽりと雪に入ってしまって埋もれてしまった。1m近い積雪のようだ。

さてそろそろ帰りましょうか。60Dをザックに仕舞う。アイゼンを外すのが面倒なので帰りはアイゼンを着けたまま歩こう。

帰る前にはお決まりの記念写真。本当なら高瀑の前で撮る予定だったんだけどね。
なかちゃん先頭で帰る?


デジカメ時計=14時6分
帰りもロールケーキを写す
ロールケーキまつり(-_-;)
崩落個所は慎重に
暴走車が来ないかカーブミラーでチェック
記念写真みたい
砂防のための堰に出来た大きなツララ。3mぐらいはあった。
私が先頭で歩いていたはずなのにいつの間にか前にいる。林道の斜面を滑りおりて来たようだ。
ツララだから冷たいはずなんだけど、明るい光を浴びて輝いているのを見ると暖かく感じてしまう
トンネルが見えた


デジカメ時計=15時6分


出発してから1時間で到着。往路の半分の時間で到着したことになる。帰りは単独男性も含めて6人分のトレースが有るので歩きやすい。
トンネルで十分休憩したのでトンネルを越えてからはみんなの後をついて行く
気持ちの良いスノーハイキング(-_-;)
道端の大きなツララ
陰に入った足跡が青く見える
写真では分かりにくいかな?
この橋で右岸から左岸に渡る


デジカメ時計=16時11分
この橋に名前はついているんだろうかと見たら「たかたるはし」と書かれたプレートが有った
この橋で左岸から右岸に渡る。ちょっと分かりにくいが橋の上を先に下山して行った単独男性が歩いている。ここまで降りたら車はすぐだ。


デジカメ時計=16時36分
車に到着。簡易アイゼンを外す。


デジカメ時計=16時39分

出発してから2時間半で帰ってきた。
諏訪神社に戻り荷物を載せ替える。しばらく話をしてから解散。お疲れ様でした。


デジカメ時計=17時6分

国道11号線まで降りて川内に向かって走っていると丁度夕暮れ時。運転している会長さんが助手席のなかちゃんに夕暮れの色がうまく出ないというような話をしている。ホワイトバランスは? ピクチャースタイルは? などと話をしていると会長さんはハンドルを右に切って国道から外れて田んぼの中の道に停めた。そして2人とも車から降りて夕焼けを写し始めた。

60Dを出すのも面倒。私は後部座席に乗ったまま窓ガラスを降ろしてコンデジで写す。

高瀑の氷瀑を写せなかった代わりの渾身の一枚(-_-;)

川内支所まで帰ったら私の車が無い。わがまま言って自宅まで送ってもらう。お疲れ様でした。

今日は高瀑林道の予想外の雪の多さで結局林道歩きで終わってしまった。目的が達成できなかったと言うことになるが、こんな年も有ったんだよと言う記録のためにレポートをアップしとこう。

今日の参加メンバーもホームページを持っているので、今日のレポートをそのうちアップするでしょう。下記のサイトをチェックしてみて下さい。

  なかちゃん 四国の滝めぐり
  yamtoさん 週末は写真家気分で
            紅会さん 自然紀行



       滝めぐりに戻る   TOPに戻る


GPSのログがまともに取れてなかったので林道途中で車を停めた場所だけ参考にアップしておきます。


諏訪神社から約4kmの地点。
そこから約6kmの林道歩き。





inserted by FC2 system